いまの世の中で、一番美しいのは犠牲者です(太宰治)

今日のタイトルも、もはや定番となった?太宰先生の人間失格より。

太宰先生は、犠牲者が一番美しいと言っていますが、LEMONTEAにも色々な意味で美しいニットが入荷しています。

まずは、サイズが美しい厚手のレタードニット(プルーオーバータイプ)。こういったタイプの物は丈がやたら短かったり、裾がやたらつぼんでいたりで形が良い物が意外に少ないので、オススメです。色も生成りで、Vネック、古着っぽく着てください。

20091023205831.jpg20091023205904.jpg

レタードニット(プルーオーバータイプ) 8400円

続いて、こちらは色味が美しいニットベスト。こちらも、同じく丈詰まってなくサイズも良くレイヤードもしやすいと思います。個人的にも、首元の開いたニットベストは気が利いていて好きです。

20091023210131.jpg20091023210150.jpg

ニットベスト(タウンクラフト) 7035円

最後は、タグはないのですが、おそらく50年代頃のアンダーウエアータイプであろう、薄手のニット。こちらは、写真では明るく写ってしまいましたが、実物の方が色味が渋く美しいです。

20091023210424.jpg

アンダーウエアー(オールド) 5880円

LEMONTEA 佐藤

カテゴリー: 情報 パーマリンク