こんどは遺書として書くのではなかった。生きていく為に、書いたのだ(太宰治)

ボクは「太宰治」先生の中で「人間失格」が一番好きなのだが、ここ最近太宰作品を読み返してみて、気になった作品「ロマネスク」をここでは紹介しようと思う。「太宰治」先生に興味のない方は飛ばして商品紹介からお読みください。

仙術太郎、喧嘩次郎兵衛、嘘の三郎、それぞれ世の中の役に立たないことを極めた三人の物語。高校時代にこの作品を読んだ時は単純に面白い小説だなくらいにしか思っていませんでした。しかし今あらためて読んでみると「太宰治」先生が人間というものを悟り、奥に秘められた哀しい人生観を感じ、とても奥深い作品であったと言えます。おそらく、この作品は「太宰治」先生が自殺する遺書として書いた作品でもあり、その死ぬ瞬間に見えた人間の全てが「太宰治」先生のフィルターを通して垣間見えたのではないかと色々考えてしまいました。この作品は、逆に大人になった方や社会人の方に読んでもらいたい作品。ボク個人の感想から言うと数ある太宰作品の中でも、一番深い作品だと思っています。

さて、紹介します。千鳥柄のオールドタイプのシャツ。こちらは「CPO」のようなウールのような質感で、シャツジャケットに近い感覚で着れると思います。ボタンは猫目ボタン、サイズS、2枚目の写真のようにビートルズっぽくスタンドカラーのようにも着れます。大きな千鳥柄と言う所も珍しいです。

20100904205225.jpg20100904205425.jpg20100904205321.jpg

ラルフローレンのカーディガン。こちらは着崩すよりも正当派にスクールっぽく、優等生な雰囲気でいかがでしょうか?好感度高めな1着。サイズ表記Lですが、着た感じはM~Lくらいです。

20100901203007.jpg20100901204145.jpg

さらに優等生っぽい雰囲気とは真逆な1着。リーバイス501。こちらはレギュラータイプの物ですが、リペアや色の雰囲気が素晴らしいです。こういった雰囲気が好きな方へ。

20100902201837.jpg

LEMONTEA 佐藤

カテゴリー: 情報, 新入荷 パーマリンク