根暗系男子とジャージといつかのボク

昨日紹介したジャージも旅立っていきました。あのダサさを理解して頂く事は嬉しい限りです。コムデギャルソンのジャージを着た、ジャージを買ってくれたお客さん「中学生みたい」、ボク「うん、そこがいいんです」。

「いつかの・・・、いや、いつものボクです」。

ハット 古着(私物)

ジャージ 古着(LEMONTEA、本日入荷)

パンツ ガストロンジャー(私物)

スニーカー 古着(ノースウェーブ・エスプレッソ(私物))

さらに、ジャージの紹介を1点。これも本日入荷です。これもかなりキテいる配色。少し光沢感があり、アディダスのハンガリー製の物。OPTIのジップ。ジャージは色々な国の物でそれぞれ良さがあって本当に面白い。

 LEMONTEA 佐藤

カテゴリー: お知らせ, 情報 パーマリンク