9/26 Red Shirt

『教頭のなにがしと云うのが居た。

これは文学士だそうだ。

文学士といえば大学の卒業生だからえらい人なんだろう。

妙に女のような優しい声を出す人だった。

尤も驚いたのはこの暑いのにフランネルのシャツを着て居る。

いくら薄い地に相違なくっても暑いに極っている。

文学士だけに御苦労千万な服装をしたもんだ。

しかもそれが赤シャツだから人を馬鹿にしている。

あとから聞いたらこの男は年が年中赤シャツを着るんだそうだ。妙な病気があったものだ。

当人の説明では赤は身体に薬になるから、衛生のためにわざわざ誂えるんだそうだ。

いらざる心配だ。

そんなら序に着物も袴も赤にすればいい。』

(夏目漱石「坊っちゃん」より)

imageOld Cotton Chamois Cloth Red Shirt

本日は赤にしてみました。
そして、スタイリッシュなサイズ感で。
タフなコットン生地を起毛させ、ふわふわとしたシャモアクロス。これからの時期なら恐らくあの様な異論はないかと思います。

…ただひとつ、

「おれ」からの卵にはご注意下さい。

学生ぶりに改めて読んでみようかな。

LEMONTEA 阿部
03-5467-2407

カテゴリー: お知らせ パーマリンク