joutes

 この写真も見て、

いつか訪れたいなと思う港町。

ここは地中海に面する、フランス南部のSete(セート)という小さな港町。

感じる雰囲気にも惹かれるところですが、その町で夏に行われるjoutes(ジュート、ジュット)という船上の男の闘いのお祭りにスポットを当てた情報を得た事も惹かれた理由です。

 

http://ateliercui.exblog.jp/20133763/(画像元)

ルールはシンプル、

1対1で赤と青に分かれた船がすれ違う際、お互いの槍で盾を突き、最後まで船上にいた物が勝者。落とされた物が敗者。

最後まで勝ち進んだ男がその年の“英雄”に。

この土地のトラディショナルとして今も根付いたお祭りの様です。
  
真ん中の男4人が頭を抱える様に、結構危険な競技だなぁという印象に、少し男のロマンや闘争心をくすぐられる一方で、自分には彼らジュターの服装も印象的です。

ボーダーのバスクシャツに、白シャツに白のパンツの徹底ぶり。そしてそのトップスの腕まくり具合や、わざとボーダー透けさせている様にも思える具合が至極新鮮に自分は感じます。 リアルクローズにおいて白シャツのアンダーが透ける事は一般的にはNGとされていますが、これは“特例”として認めざるを得ない気がする心地です。

 

本日はその様な自分の固定概念を打ち崩し、

土地の伝統を守るセートのジュターに敬意を持って、こちらからご紹介。   

  

    
    
    
 LANDS’END Basque Border Shirt

× Brooks Brothers Cotton Broad Shirt

昨年好評頂いたランズエンドのバスクシャツが再入荷いたしました。

胸から下の縞が細くなるという、アンバランスな視覚効果を狙った面白いデザイン。合わせたブルックスのシャツもブロード生地。

薄手の爽やかな生地の透け易いというネガティブを逆手に取る今回の組み合わせ。足元は店頭のEuro Levi’s501 WHITEで完全に気分はジュター。

   
    1960’s Vintage Hunting Game Vest

こちらも大変興味惹かれるデザイン。

保温性とかそういう意図は一切無く、

装備品としての機能性をシンプルに求めた“だけ”の結果の変形デザイン。ある種の方々にはサンプリングとしてもお勧めです。
    
    〜1940’s Vintage Worker’s Trousers

まさに主役級。

1940年代頃からの約70年間の月日の歴史が刻まれた、前後共に全体の印象を決定付ける一本です。

こちらはサスペンダーもセットでお渡しいたしますので、その着こなしを存分にお楽しみください。

    
 1960’s Lee 100-J WESTERNER Jacket

Leeの名作として呼び声高い100-J 。

もう説明は十分の方も多いかもしれません。

そのアイボリーカラーのコットンサテンに惹かれてしまわれた方へ。

ご来店をお待ちしております。

LEMONTEA 阿部

03-5467-2407 

カテゴリー: お知らせ パーマリンク