適材適所

もう、

本日お伝えしたい事は至極シンプル





信じられない位に「心地良く、曲がる」

確認ですが、

こちらは“細身のテーパードスラックス”

鬼門とされる運動性の問題は何処へやら。

レッグラインを決めるパタンニング

そしてうだる暑さでもベタつくことは無かろう、簡単にはオーダーの叶わない特殊生地

「それぞれを考え抜き、適材適所に活かす」

それは無意識のうちの心地良さへ。

残りのご説明は、脚を通した際のこのスラックス自身の説得力に丸投げをさせていただきたく思います。



『Tilllate “Working”Trousers』

LEMOMTEA 阿部

03-5467-2407

カテゴリー: お知らせ パーマリンク