決定打

洋服を選ぶ際、

また、洋服をデザインする際からも、

素材や色目の変化だけで

ファッション性を変える事は多々有ると

認識をしています。

例を挙げれば、

特にラルフローレンは40年前から今も

まさにそれを常套手段としている印象です。

(デニムのファイヤーマンなどが良い具体例)

素晴らしいデザインは多いですが、

後世のデザイナーの為にも

そんなにやり尽くさないで欲しいな、とも

思う心境もあります…。

さて、

今回の2着は

【BELSTAFF】&【SCHOTT】

“赤と青”

それぞれの老舗でも十二分に

新鮮味を発揮しております。

【BELSTAFF Oiled Jacket】

“赤土色のオイルドクロス”

Barbourのブラウンカラーとも異なる、

考えてみれば今まで無い感覚の生地。

【SCHOTT Suede Blouson】

“青いスウェード”

アメリカ空軍のエアフォースブルーを

レザーに落とし込む様なデザイン化学反応。

細かいディテール説明は差し引き、

一目のその一瞬の判断が

今後のお付き合いを決定付ける事でしょう。

LEMONTEA 阿部

03-5467-2407

カテゴリー: お知らせ パーマリンク