Styles of Barbour

こんにちは!松澤です!

本日からまた自分も店頭に立つ機会が

多くなりますので、一緒に11月後半も

飛ばしていきましょう。

さて、本日はレモンティー名物、

【Barbour】

をメインに使用してコーディネートを3つ

組みました。

・英国紳士的トラッドスタイル

・英国男児的ストリートスタイル

番外編

・英国ファッションギークスタイル

の三部構成なので是非最後まで

お付き合い下さい!

英国紳士的トラッドスタイル

Barbour SOLWAY ZIPPER ¥35000+tax

Military Liner Custom Vest ¥10000+tax

Vintage B.D Shirt ¥8500+tax

Polo Ralph Lauren Tie ¥7000+tax

Japan Vintage Slacks ¥16500+tax

まずは王道のタイドアップから。

やはりトラッドなスタイルは当時の古き良き

イメージを思い起こさせます。

そのスタイルに敬意を払いつつ、

使用したバブアーのモデルは

「SOLWAY ZIPPER」。

その名が付く前からデザイン自体は存在

していて、バブアーの多々あるモデルの

中でもトップレベルに古いデザインを持った

モデルです。

色々な種類があるバブアーですが、

やはりこのモデルでしか出せない雰囲気は

かなり感じます。

パンツは、ジャパンヴィンテージの

スラックスを使用しました。

こちらもまたレモンティースタッフ推しの

パンツですが、一回履いて下さい!笑

自分たちがオススメさせて

いただく理由がわかると思います。

【英国男児的ストリートスタイル】

Barbour BEAUFORT ¥3000+tax

Jerzees Fooded Parka ¥6750+tax

Vintage Cardigan ¥8000+tax

太畝 Corduroy Pants ¥12500+tax

やはり綺麗な格好で革靴を履いて、

バブアーを羽織る、というのが王道スタイル

だと思われがちですが、個人的にもかなり

好きですし、オススメなのが下にパーカーを

入れる着方。

当たり前の服に当たり前のように馴染んで

しまうバブアー。100年以上も続いている

ブランドなのに。。。

改めて汎用性が半端じゃないです。

やったことない方、是非、是非

やってみてください。

いかがでしたでしょうか。

ストリートにもトラッドにも、

着方やジャンルを問わないバブアー。

簡単な言葉で申し訳ないですが、敢えて

言わせて下さい。

最強”のアウターです。

【番外編英国ファッションギークスタイル

Barbour POLARWAX ¥30000+tax

Cashmere Turtleneck Sweater ¥9250+tax

TillLate WSAT Trousers ¥15000+tax

最後を飾るのは一味違った、

ファッションギークには

ピッタリなモデルである

POLAR WAX」。

定番モデルに比べればもちろん数が少ない

ポーラーワックス。

特筆すべきはやはりこのシルエットと

暖かさ。他のモデルとは全くもって似ても

似つかないこのモデル。

裏地はフリース素材とキルティングの

コンビネーションで作りが良いのが

特徴です。

人とかぶらないバブアーを求める

ファッションギークにはオススメの

バブアーになります。

いつの時代でもどこででも、流行りという

ものは存在しますが、本当の意味でこの

バブアーという服に関してはいい意味で

流行りが無いかもしれません。

もはや下着や無地のTシャツレベルと同じ

ぐらいの存在。

それは言い過ぎかもしれませんがそれほど

流行り廃りの無い極上のアウターです。

それでは本日も店頭でお待ちして

おります!

Ryosuke

その他、店頭やオンラインも御提案を追加中

LEMONTEA Online Shop

宜しくお願いいたします。

tel.03-5467-2407

 

 

カテゴリー: お知らせ パーマリンク