圧倒的防寒

 

こんにちは! 松澤です!

季節の移り変わりを体感している

今日この頃。

寒さに弱いのは私だけではないはずです。

(冬は好きなんですけどね)

本日は、圧倒的な暖かみを持つ

メインアウターの紹介をさせて

頂きたいと思います。

The North Face Elebus Down Jacket

Price ¥39000+tax

Dead Stock SPIEWAK Down Jacket

N-2B Type

Price ¥25000+tax

一見、表情の違う2つのアウター。

しかしそれぞれがなんのために作られたかを

知れば共通項が自然と見えてくるはずです。

2つにはそれぞれに前身となるモデルや

兄弟のようなモデルが存在します。

まずはエレバスから。

エレバスの前身となっているモデルは

ノースフェイスのマクマードパーカー

というモデル。

このモデルは元来、オーロラ観測隊

作業用に作られました。完全にギアです。

そしてそのマクマードパーカーのポケット

位置を変更し、着丈を少し短くしたのが今回

ご紹介のエレバス。いいとこ取りです。

機能面ではマクマードと大差無く、

着丈は短め。

素晴らしいです。

タウンユースやファッションを考えると、

かなり使いやすく

もちろん暖かい逸品。

お次はスピワックによる、N-2Bジャケット。

まずスピワックとはなにか、

を簡単に説明すると

1904年に創業の老舗ブランド。製造の管理が

非常に厳しく、当時から米軍や省庁などにも

服を納めているアメリカ政府御用達の

メーカーです。

そして前述したエレバスとマクマードの

ような関係で

N-2BにはN-3Bという兄弟のような服が存在

します。こちらもまた機能面はそのままで、

N-2Bの方が着丈が短めなモデル。

皆さま、軍物のフライトジャケットは

適応気温別に分類されているのは

ご存知でしょうか?

本来軍物のジャケットはどんなに過酷な

環境でも兵士の命を守るために作られた服。

なんとN-2B、N-3Bが分類されている

カテゴリーはヘビーゾーンという

−30℃〜−10℃での寒冷地用に分類されます。

自分は味わったことのない気温です。笑

そんな地域にも対応できるアウター。

信じられません。。。

エレバスとN-2B、それぞれが個性を持った

全く違うアウターに見えますが、

・丈感が短くタウンユースやファッションに向いている

・極寒の地域に対応出来るスペックを持つ

という2つの共通点があります。

選ぼうと思っても選べない、知れば知るほど

選べない特上クラスの暖かみを持つ

2つです。

先着2名様にしかご提供出来ないこの提案。

気になった方、店頭にて

お待ちしております。

アウターは確かに暖かいけどそれじゃあ

頭と手が寒いよ!と思ったそこのお客様。

安心してください。

ありますよ。

ミリタリーのデットストック防寒具が。

100% Wool Watch Cap

Price ¥3000+tax

Sheepskin Globe

Price ¥4500+tax

アウターだけで隠せないところは

これらを用いて対策しましょう。

冷静に雰囲気が申し分ないアクセサリー。

これは軍物じゃないと醸し出せません。

しかも未使用品。

ワッチキャップに関しては今まで見た中でも

最上級クラスに形が良く、どんな人にも

合います。

これらもまた簡単にはご紹介出来るアイテム

ではありませんのでこの機会に是非。

抜かりない準備をよろしくお願い致します。

それでは本日も店頭にて

お待ちしております!

Ryosuke

tel. 03-5467-2407

《 LEMONTEA Online Shop

こちらも是非御覧ください

 

カテゴリー: お知らせ パーマリンク