【 Long gown 】

別名 ” ナイトシャツ

と言っても皆さんが思うほど

やらしいものではありません。

コートとはまた違う

そのゆるいシルエットからの

ルーズなイメージは崩さず

キメすぎないところがまた良い。

何処か様々なスタイリングを

妄想してしまうネルシャツの延長にある

フレキシブルなアイテム。

意外にもオールラウンダー。

まあ何を言おうと

真っ先にこの丈の長さに悩む人が

ほとんどだと思います。

「身長が全然ないから、、」

「普段長いのは着なくて、、」

そんな声が

店頭ではチラホラ。

– No problem –

ガウンそのものにフォーカスしつつも

スタイリングバランスで見て欲しい。

腕を雑にまくり

コンビニに行く感覚で

気づいたら街にいた。

ナチュラルに馴染む。

そんな感じで着て欲しい。

ウール地ではなく、

少しだけリアルなシーズンに

寄り添った薄手で肌当たりの軽い

コットンからのご提案。

「時期的に暑いかも、、」

ご安心ください。

丁度いい

その言葉が着用時漏れてしまうと思います。

こういうアイテムこそ

少し男臭さが残る

ビターかつフレッシュな配色や

イノーガニック(無機質)な

チェックパターンを選びたくなる。

” 今日涼しいな。何着よう、、 ”

通勤、通学の時間に追われ

数分が命取りになる

急ぎがちな朝。

そこにこれがあれば迷うことは無い。

よれたお気に入りのTシャツに

ノンアイロンのガウンを羽織れば

それだけで十分すぎるくらいの

洒落た雰囲気を醸し出せる。

ムード漂うロングガウン。

light flannel long gown 100% cotton

¥8000+tax〜

何だか今日も

いい一日が始まりそうだ。

Instagram  @junnn483

《《  Lemontea Online Shop  》》

TEL : 03-5467-2407

LEVI’S519XX

《《《 special 》》》

.

20世紀前半に何回かマイナーチェンジをして産み落とされていた1stモデルの中でも

特に数少ない個体の品番、

『 Lot.519XX 』

生産は僅か1年間、1951〜1952年のみ。

通常の506XXの裏にブランケットライナーを

巻き込んで縫い上げて作られたモデル。

取り付けてみようと導入した翌年に

1stモデルデザインが廃盤になり

2ndモデルに以降された故の、

『時の一瞬の品番』

.

.

.

今回はそのアイデンティティである裏地を

なんと全オーナーが取り除いてしまった、

特別品番泣かせの1着です。

ビジュアルは506XX、ロットは519XX、

元々も定価が高かったであろう裏地付きを

わざわざ買って、後に剥ぎ取る。

何かが、何かがあったのでしょう。

使用して、時が経って嗜好が変わり、

必要・不必要事項も個人個人で生まれる。

リアルワークウェアとしても使用された

その時代だからこそのストーリーだと

自分は認識しております。

2018年現在1stモデルのオリジナルは

どの年代もその全てが貴重であり、

取り扱う事、買う事も容易くない存在です。

その様な中での、

『ストーリー性ある特別品番』

デニムの頂点の一角を攻める折角なら、

こちらを選択にいかがでしょうか。

.

LEVI’S Lot.519XX  Original Vintage

size.about38〜40

price ¥135000+tax

阿部 @w8290

《《  Lemontea Online Shop  》》

TEL : 03-5467-2407