THE END(毛皮のマリーズ)

毛皮のマリーズ解散。悲しみに満ちた負のアルバム「THE END」。素晴らしいアルバム。ローリングストーンズのオフィシャルフォトグラファー有賀幹夫さんが撮った毛皮のマリーズ「夜明け」も、また素晴らしかった。ボクはライブに行くのが好きで、どのミュージシャン(アーティスト)も素晴らしいですが、CDよりもライブの方が良いバンドと言うのもかなり多いです。その1つがこの「毛皮のマリーズ」であります(1度だけ、確かインディーズの頃さいたま新都心のライブハウスで見ました)。12月のラストライブには行こうと思います。かなり、好き嫌いが分かれるバンドですが、1度も聴いた事がない方は是非。また色々な音楽を聴いている人なら分かると思いますが、何かの曲に似ている(あるいは有名な曲のギターやベースラインがそのまま)のものが多いです。それをパクリととるか、オマージュととるかは人それぞれですが、ボクは好きです。音楽も映画も本もファッションもパクリであろうが、なんであろうが良いものは良いと思うからです。

さて、紹介。青いレーヨンシャツ。忘れかけていたあの気持ち的な色味。良いサイズ。

さらに青のパーカー。赤と青は合う。両方好きな色。

かなりキワキワな「ラルフローレン」のスウェット。ギリギリ感。3XL、ビッグサイズ。

このスウェットを着た「いつかのボク」。合わせたパンツはこれ。

http://blog.lemontea-tokyo.net/2011/08/22/13119/

LEMONTEA 佐藤

カテゴリー: 情報 パーマリンク