ワークジャケットの可能性

ワークジャケットの魅力と言うのは、名前の通り仕事用として着られていた物でファッション的に作られた物でない所だと思います。

それを何十年たった今、現代ファッションとして取り入れる事が出来る、それはとても面白い事だし、だからこそ狙いすぎないファッションとしての魅力が出せるアイテムの1つであると思います。

それでは、早速ですがどうぞ。

IMG_20160217_103420

IMG_20160217_103310

IMG_20160217_103254

IMG_20160217_103157

まさにビンテージのワークジャケットらしい、ヤレた雰囲気、そしてもはやデザインのようなペンキ飛び。

IMG_20160217_104323

IMG_20160217_104620

ビンテージの白シャツに同系色のVネックセーターで上品に合わせるのはどうでしょうか?

IMG_20160217_102210

IMG_20160217_102337

IMG_20160217_102054

こちらは先ほどとは、変わってクリーンな印象を持つ鮮やかなブルーのワークジャケット。

IMG_20160217_102914

IMG_20160217_102856

バーガンディーのネルシャツで上品に合わせるのも良いかと思います。

IMG_20160217_123718

IMG_20160217_123552

IMG_20160217_123458

こちらは、ブラックが褪せてダークグレーのように変化した大人な雰囲気を醸し出した渋い1着。

IMG_20160217_124239

渋い雰囲気を崩さず、渋いスウェットをイン。

IMG_20160217_105438

IMG_20160217_105517

IMG_20160217_105545

IMG_20160217_105713

IMG_20160217_105642

IMG_20160217_105356

そして最後は、ビンテージのカバーオールで。
「PENNEYS PAY-DAY」

IMG_20160217_111632

そして何より特徴すべきは、絶妙なサイズ感。
とにかく着やすく、この年代の物で、このシルエットで着れる物は希少です。

IMG_20160217_111750

さりげなく合わせたユーロビンテージのアディダスのジャージもオススメしたい所ですが、こちらは店頭で是非。

LEMONTEA佐藤

03-5467-2407

カテゴリー: お知らせ パーマリンク